911,311,地位協定,日米合同委員会,政治,経済,法律,疑惑,疑獄,暗殺,ニュース,ついったー,まとめ,生活,歴史,軍事,共謀仮説,陰謀論,トンデモ,UFO,宇宙人,erc,… 

上記についての個人的見解や独断と偏見で選んだ情報や商品リンクなどです。

気になる画像や情報・文章などがありましたらクリックして見てください。

その商品やその情報のサイトに飛べますので、…

お役にたてれば幸いです。

心配なのは砂の粒子の4分の1ほどの粒子となって漏出する放射性元素。たとえばヨウ素131・ストロンチウム90・セシウム137らしい。

炉心融解で発生し大気に紛れ込む放射能は、8日間で半減し数ヶ月間で崩壊する「ヨウ素131」だけではなく、半減期が30年の「セシウム137」や「ストロンチウム90」などがあり、体内に取り込まれれば癌などのリスク・ファクターになるらしい。

非営利団体「放射線と公共健康プロジェクト」のジョセフ・マンガノ事務局長によると、ウランを高熱で分裂させる過程で100以上の新たな化学物質ができるらしい。

チェルノブイリではウクライナ国内(人口5千万人)の国内被曝者総数342.7万人の内、作業員は86.9%が病気に罹っているらしい。

2000年4月26日の14周年追悼式典での発表によると、ロシアの事故処理従事者86万人中、5万5千人が既に死亡していたらしい。

セシウム137に汚染された空気や飲食物を摂取することで、セシウム137は体内に取り込まれる。そしてヨードや安定ヨウ素剤などを服用してもセシウム137の体内被曝を防ぐことは出来ないらしい。

体内に入ると血液の流れに乗って腸や肝臓にガンマ線を放射し、カリウムと置き換わって筋肉に蓄積したのち、腎臓を経て体外に排出されるセシウム137は、体内に取り込まれてから体外に排出されるまでの100日から200日にわたってガンマ線を放射し、体内被曝の原因となるため大変危険との事。

チェルノブイリ原子力発電所の事故当時では、ヨウ素131、セシウム134、セシウム137、それにわずかな量ですがストロンチウム90も検出されたらしい。

チャルノブイリのヨウ素131・セシウム134は放射能の減少する時間が短いので、現在ではほとんど検出されないらしいが、セシウム137は放射能が半分の量になるまでの時間が30年と長く、発生量も多かったので放射能汚染食品を見分ける指標となっているらしい。

ロシアの事故処理従事者86万人中、5万5千人が既に死亡したらしい。周辺住民の幼児・小児などの甲状腺癌の発生が高くなり、放射性物質による汚染は現場付近のウクライナだけでなく、隣のベラルーシやロシアにも拡大したらしい。

日当として1人数十万円を払うというネット上の文章を読んだ。しかし現実には「そんなことはない。…誰がそんな金を出すのか?」という話らしい。また、作業をしていたのは孫請けの作業員1人で、下請けの2人は現場監督!電力会社は鬼畜のクズヤロウのようだ!
http://goo.gl/LpNvW

隠された被爆労働〜日本の原発労働者
http://bit.ly/fEQGhL

山谷地区・愛隣地区・寿町 (横浜市)の原発奴隷だった経験もある方々と、現在の孫請けの方々などについては感謝もせず、今回だけなのに普段から高級取りの方々については、美談に語るのは似非ウヨじゃないデスか?
http://goo.gl/Hyfi http://goo.gl/gCGF

原発に関しての過酷で異常な孫請けやホームレス労働者の話題がないのは何故なの?誰が美しいの?美談なの?

電力会社等の大企業幹部社員・取締役、それから監督官庁の方々は鬼畜としか思えない。散々ゴミのように扱われ癌になって亡くなる方々もおられるのに、甘い蜜をすいつづけている方々を許せるだろうか?底辺で困窮してる方々は無念だろう。
QT 原発で働く人々
http://www.nuketext.org/roudousha.html

悪いのは米国のシオニストを中心とする企業統治体だろうけど。日本の富裕層・特権階級や電力会社等の大企業幹部社員・取締役、それからブルジョア政党やカルト政党と監督官庁役人も罪人だろう。鬼畜と言っても良いぐらいだろう。
QT 原発ジプシー
http://www.janjanblog.com/archives/27114

どうすれば電力会社の幹部社員や取締役、資源エネルギー庁等の監督官庁の役人を許せるのだろうか?今までも底辺で亡くなって逝った方々は家畜だったのか?暴力団の企業舎弟やシオニストを中心とする企業統治体が一番の悪なんだろう?
QT 日本の原発奴隷
http://www.jca.apc.org/mihama/rosai/elmundo030608.htm

政府関係省庁には水力発電・地熱発電・太陽光発電・風力発電・バイオマス・その他のエネルギー、振動力発電、音力発電、メタンハイドレート、ボツリオコッカス、オイルサンドなどで調整してほしいですナァ。輸出もね!

闇から闇へと消えていく原発事故や放射性物質の異常な取扱い問題の数々は、加害者は無罪放免で放射性物質の取扱いはそのままで、そういう状況はほとんど改善されず、現在もなおどこかで問題になっていると思いますが、被害者になるまで原発放置で良いですか?
http://goo.gl/H2Olq

約300兆ベクレルの放射能廃液が行方不明(http://goo.gl/0L4bY)という事件もありましたが、本当に原発放置で良いデスか?手段が無いわけじゃないだろ!今すぐ止めろ!
QT 2分でわかるR水素 など…
http://bit.ly/eUPxSS

画像で見るプルサーマルのしくみ
http://matome.naver.jp/odai/2125739860323214327
http://goo.gl/gm5iK

造血幹細胞の採取方法
http://goo.gl/b3Oxq

「幹細胞の事前採取を」作業員大量被曝に備え、専門家が提言 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)
http://t.co/W2kXfnA

特定の放射性物質を食べるのか特定の放射線に抵抗力があるのか?わけがわからんですけど。これは興味深いです。
QT チェルノブイリで放射線を食べる菌が見つかる。デジタルマガジン
http://t.co/6ljBfy1

チェルノブイリ原発の原因は作業員の操作ミスではなかったようです。
http://bit.ly/f8WCWt


自民党と(社)原子燃料政策研究会の蜜月関係
http://jiyuu.dreamlog.jp/archives/5029251.html
自民公明政権小泉内閣時代の福島第一原発の不正・トラブル
http://jiyuu.dreamlog.jp/archives/5020723.html
原発と自民党議員
http://jiyuu.dreamlog.jp/archives/5020710.html
福島第一原発3号機でのプルサーマル実施を推進した福島県議会議員
http://jiyuu.dreamlog.jp/archives/5020717.html
自民党と電力系献金
http://jiyuu.dreamlog.jp/archives/5020715.html
原発を延長したのは自民党
http://jiyuu.dreamlog.jp/archives/5021925.html
自民党政権時の原発に対する問題ある対応
http://jiyuu.dreamlog.jp/archives/5020731.html

(福島)原発事故の問題点 電力会社と保安院 武田邦彦氏
http://bit.ly/gXpBsE

予言されていた"原発震災"/広瀬隆氏インタビュー
http://bit.ly/eo7VkX
たんぽぽ舎緊急講演会(広瀬隆)3月26日午後の部
http://bit.ly/fe4QwR

たんぽぽ舎
http://www.tanpoposya.net/main/index.php?id=484

東日本大震災 被災動物 動画集
http://jiyuu.dreamlog.jp/archives/5026216.html

2分でわかるR水素 など…
http://bit.ly/eUPxSS

放射線量情報
http://bit.ly/eRxHGb


おまけ

地球維新 vol.1 ベンジャミン・フルフォード
http://jiyuu.dreamlog.jp/archives/5086397.html

福島大学の空間放射線量率測定結果からはどこが原発なのか疑問を感じる
http://jiyuu.dreamlog.jp/archives/5022135.html

悩ましい問題ですね。しかし、いずれにしろ個人レベルや市区町村レベルを問わず、可能な測定はして欲しいですね。
QT 食品の放射能測定、家庭でのガイガーカウンター利用は「無意味」も - Bloomberg.co.jp
http://t.co/oytUKpb

放射能パニック陽動工作がわかんない?
http://jiyuu.dreamlog.jp/archives/5094080.html
原発の製造・運転・輸出及び停止中原発の再稼働には反対です。
しかし放射能パニックを作り出す事にも反対です。
http://jiyuu.dreamlog.jp/archives/5100133.html
【世界の核実験地図】Ctbtomedia 2053ByIsaoHashimotoJapan762
http://jiyuu.dreamlog.jp/archives/5098675.html

※好意的な引用ツイートをして下さる方は下記をクリックしてツイートして下さい。


Add Comments

このブログにコメントするにはログインが必要です。


記事検索
最新記事